RaeliaNews.org
English |  Español |  Français |  Italiano |  Slovensky |  한국어 |  日本語
 

ユダヤ人とパレスチナ人はどちらも古代ユダヤ人の子孫であることが新たな研究で示される


By Damien Marsic, PhD


 Y染色体とミトコンドリアDNAに関する数多くの研究により、ユダヤ人と中東諸国の人々が遺伝的に関係のあることは長く知られています。最近のDNAミクロアレイ技術の発達により、ヒトゲノムの数十万ものヌクレオチドを分析して、人間の遺伝子を非常に詳細に研究できるようになりました。昨年、そのようなゲノム規模の研究のひとつ(1)が、アシュケナジのユダヤ人の特徴ある遺伝子特性を明らかにし、その遺伝子が近東を起源とすることを示唆しました。その後、二つのゲノム規模の研究が二つの異なるチームによって数日前に発表されました(2,3)。それらは、いくつかのユダヤ人集団を含めた研究としては初めてのものです。どちらの研究も、世界中のユダヤ人集団のほとんどが共通の中東の祖先から派生していることを確認し、現代のユダヤ人のほとんどは、古代ユダヤ人とはまったく関係のない改宗者の子孫であるという推測に終止符を打っています。しかしながら、執筆者たちが取り上げなかった、もう一つの必然的結論がこれらの研究から導き出されます。それは、パレスチナ人は、研究の対象となったユダヤ人集団同士と同じかそれ以上に現代のユダヤ人集団と遺伝的に近いということです。つまり、遺伝子的データは、パレスチナ人は先祖の土地を一度も離れることなく後にキリスト教やイスラム教に改宗した、古代ユダヤ人の直接の子孫である、という考えにぴったり一致しているのです(4, 5)。

 最も詳細なベハールの研究では、ほとんどのユダヤ人集団(その土地の集団に、より密接にかかわっているエチオピアやインドのユダヤ人を除く)は、現代の中東の人々と集団を作っていることが明らかになっています。実際には、三つのユダヤ人下位集団があります。一つはアシュケナジとセファルディを含む集団、二つ目はイラク、イラン、白色人種のユダヤ人を含む集団、三つ目はイエメンのユダヤ人を含む集団です。注目すべきことに、パレスチナ人の下位集団は、三つのユダヤ人下位集団のちょうど中心に位置しており、現代のパレスチナ人は、多くの現代ユダヤ人よりも、古代のユダヤ人により遺伝的に近い可能性があることを示しています。さらに、三つのユダヤ人下位集団のどれもが、他の二つのユダヤ人下位集団よりもパレスチナ人下位集団に近いのです。ということは、アシュケナジ、セファルディ、イラク、イラン、白色人種、イエメンのユダヤ人すべてが同じユダヤ民族に属すると考えるとしたら、遺伝的観点から見ると、パレスチナ人はその中でなくてはならない人たちということになります。

 もし最新の遺伝的証拠が、ユダヤ人は先祖の土地に帰還するというユダヤ主義者の考えを正当化するのなら、この帰還の権利は、同じユダヤ・パレスチナ民族の一員として考えられなければならないすべてのパレスチナ人にも適用されるべきです。

 したがって、一見絶望的に見える現在の状況にもかかわらず、紛争への簡単で、持続的で、公正な解決法は手の届くところにあるのです。イスラエルは、すべての難民を含むパレスチナ人に完全な市民権を与えなければなりません。すべての人が、自分たちが元来住んでいた土地に帰還する権利、または相応の経済的補償を受ける権利、そして国のどこにでも移住する自由を与えられなければなりません。宗教に関係なくすべての市民が同等に、住居を持ち、教育を受け、医療を受け、職に就き、生活の基礎となる設備を利用できる等の権利を持つべきです。それと同時に、パレスチナ人はユダヤ人を同じ合法的な住民として認める必要があります。それは現在の紛争にかかわるすべての人にとってプラスになることでしょう。その単一国家は、エルサレムを首都とする大イスラエルと大パレスチナのどちらとも考えられます。そこは、そこを自分達の精神的中心地と考える世界中のユダヤ人と、すべてのパレスチナ人にとっての故郷であり続けることも可能です。

 調和的な共存を実現する鍵は、他のすべての先進国同様、完全な政教分離を実行することです。国家が特定の宗教を支持することは、その特定の宗教を支持しない市民に対する差別的行為です。

 単一国家という解決法に対するよくある反対意見は、イスラエルのユダヤ人が少数派になることを受け入れられないということです。これは、遺伝子研究で確認されたように、ユダヤ人とパレスチナ人は実際は同じ民族であるということに気がつけば、問題ではなくなります。全ての人が受け入れられ、守られていると感じるためには、政治権力が宗教的過激派から守られる必要があります。それを実現するために、全ての政党が、他のどの価値観を代表するよりも先に、人権に取り組む必要があります。

 これがおそらくイスラエルが生き残る唯一のチャンスであり、イスラエルの犯した間違いを修正し、他の国の人々の希望の光となるすばらしい機会でしょう。


参照:

1. Need, A.C., Kasperaviciute, D., Cirulli, E.T., and Goldstein, D.B. (2009). A genome-wide genetic signature of Jewish ancestry perfectly separates individuals with and without full Jewish ancestry in a large random sample of European Americans. Genome Biology 10, R7.

2. Atzmon, G., Hao, L.,Pe'er, I., Velez, C., Pearlman, A., Palamara, P.F., Morrow, B., Friedman, E., Oddoux, C., Burns, E. and Ostrer, H. (2010). Abraham's Children in the Genome Era: Major Jewish Diaspora Populations Comprise Distinct Genetic Clusters with Shared Middle Eastern Ancestry. The American Journal of Human Genetics 86 (6), pp.850-859.

3. Behar, D.M., Yunusbayev, B., Metspalu, M., Metspalu, E., Rosset, S., Parik, J., Rootsi, S., Chaubey, G., Kutuev, I., Yudkovsky, G., Khusnutdinova, E.K., Balanovsky, O., Semino, O., Pereira, L., Comas, D., Gurwitz, D., Bonne-Tamir, B., Parfitt, T., Hammer, M.F., Skorecki, K. and Villems, R. (2010). The genome-wide structure of the Jewish people. Nature (advanced online publication, Jun 9).

4. Tsvi Misinai (2008). Brother Shall not Lift Sword against Brother. Liad publishing.

5. Shlomo Sand (2009). The invention of the Jewish People. Verso.




    

Posted on Sat 19 Jun 2010 - 23:12:15 | LAN_PRINT_1
Recommend article:  facebook  delicious  digg  slashdot  stumble  technorati  yahoo tweet

探す
Syndicate our news:  RSS 1.0 Feed  RSS 2.0 Feed  RDF 1.0 Feed   
http://www.raelradio.net
xxxxxxxxxx
 All text is free of copyright and may be re-produced or broadcast in any form without notice providing the original source (raelianews.org) is clearly marked or stated. Videos are (c) International Raelian Movement 2005-2008 - All Rights Reserved.
Valid XHTML 1.1   Valid CSS!
Render time: 0.1620 sec, 0.0123 of that for queries.