RaeliaNews.org
English |  Español |  Français |  Italiano |  Slovensky |  한국어 |  日本語

ラエルはガザの状態について国連と西欧諸国を激しく非難します

イスラエルがいまや「全面戦争」と呼ぶこの四日間でガザに大惨事がもたらされ、国際ラエリアン・ムーブメントの創始者であり精神的指導者であるラエルは、今朝発表された声明の中で国連と西欧諸国に対して再び警告を発しました。

「両国に何百人もの無実の市民の死をもたらしたロシアとグルジア間の戦争の最中、アメリカ率いる国連と西欧諸国は、ロシアがグルジアの挑発に『過度の反応』したと非難しました」とラエルは言います。「しかし、イスラエルとパレスチナの間のこの新しい紛争は、すでに数百人の死をもたらし、時間を追うごとにさらに死者の数は増えていますが、誰も何もしていません。お腹をすかせた無実の市民が虐殺されている間に、世界はシャンペンとキャビアで祝日を祝っています」

死者の数はどんどん増えており、ガザでの市民の死者数100、負傷者1000という数字はすぐに古いものになるのは確実だとラエルは言い、それにしても、両者の損害の劇的な差異に目を留めるべきだと言います。

「昨日、ガザへの爆撃でとても多くの無実の人が死にましたが、イスラエルでは死者はたったの3人、負傷者は10人以下と報告されました。どちらの側でも死者が出ることは悲劇ですが、この大規模な攻撃は、挑発への反応としては大変不釣合いです。それでも誰もそれについてイスラエルを非難していません!これは旧約聖書の言う『目には目』をでさえなく、『一つの目に対してトラック一台分の目』であり、全く不釣合いです」とラエルは言います。

西欧諸国が何の反応を示していないことを「二重基準の最悪の例」であるとし、「一方は世界で最も強力な軍隊の一つで、他方は自分達を守る武器らしい武器も無い非常に貧しい人々です。彼らはイスラエルの並外れた武器庫に比べても、何の軍事設備も無く、しかも事実上巨大な強制収容所に閉じ込められています。実際、彼らは長年の非道な封鎖のせいで飢えています。したがって、このいわゆる戦争は、実際はイスラエル軍による市民の大虐殺であり、イスラエルはそれを、小さなショルダーロケット弾を持った少数の戦士を殺すという名目で行っています。戦争をするには、二つの軍隊が必要ですが、ここでは軍隊は一つだけです。『中東での戦争』という見出しをつけている西欧の報道機関は、完全に偏っており、世間に誤った情報を伝え、ひどい大虐殺と民族浄化の共犯者となっています。中東で起こっているのは戦争ではなく、軍隊も防衛手段も持たない人々に対する軍隊による大虐殺です」


Posted on Tue 30 Dec 2008 - 19:31:13 | LAN_PRINT_1
Recommend article:  facebook  delicious  digg  slashdot  stumble  technorati  yahoo tweet

Latest Videos
事実を得る
ダウンロード 無料電子ブック、1973年にラエルが宇宙人との遭遇で渡されたメッセージを読んでみてください!
宇宙人からのメッセージ
探す
Syndicate our news:  RSS 1.0 Feed  RSS 2.0 Feed  RDF 1.0 Feed   
http://www.raelradio.net
xxxxxxxxxx
 All text is free of copyright and may be re-produced or broadcast in any form without notice providing the original source (raelianews.org) is clearly marked or stated. Videos are (c) International Raelian Movement 2005-2008 - All Rights Reserved.
Valid XHTML 1.1   Valid CSS!
Render time: 0.1672 sec, 0.0121 of that for queries.