RaeliaNews.org
English |  Español |  Français |  Italiano |  Slovensky |  한국어 |  日本語
 

ラエルは「異教徒の精子では野蛮な子が生まれる」と言っているユダヤ教のラビを非難します

 最近発表されたこの記事によると、
http://www.ynetnews.com/articles/0%2C7340%2CL-4006385%2C00.html 宗教シオニズムのユダヤの法の大家であるラビのドブ・ライオル(Dov Lior) が、ユダヤ人女性はたとえそれが最後の手段だとしても、決してユダヤ人以外の男性から提供された精子を使って妊娠してはならないと言った、ということです。
 そのような受精によって生まれた赤ん坊は、「ユダヤ人以外の人を特徴づける負の遺伝形質」を持つことになると、そのラビは言っています。

 ラエルは次のようにコメントしました。「これは最悪の人種差別主義です。もし誰かが、『ユダヤ人の精子を使わないように。犯罪者が生まれるかもしれないから。』と言ったとしたら、世界は何というでしょうか。誰もが(当然)、犯罪的な反ユダヤ主義だ、とその声明を非難するでしょう。ではなぜ、この二重基準が容認されているのですか」

 この記事では、ライオルの他の主張も載っています。
「父親がユダヤ人でなかったら、子供はユダヤ人ではない特徴を受け継ぐだろう、それは冷酷さと野蛮さである!」
「人工授精と精子提供は避けるべきである。それらは精子を無駄にし、血統を不明確にし、ユダヤ法の違反にもつながるから」
「女性は早く結婚するよう努めるべきであり、後で利用するために卵子を冷凍するべきではない。子供を育てるという女性の役割は、大学の学位ほど重要ではないということはない」
「未婚の女性が妊娠するべきではない。父親なしで生まれた子は100%正常にはなれない。ラビの教えによると、そのような子供は『犯罪者でありその他の悪い出来事の容疑者』である」

 うわーっ!現代ではとても信じがたい事です。もしこのラビとローマ法王の二人に世界を統制させたら、私たちの発展は数世紀遅れることでしょう!ここで皆さんに伝えておかなければならない事があります。科学の進歩は、有神論者が関わるといつも危険にさらされるのです。どうか、神という作り話をぶち壊し、この惑星と創造物を愚かな破滅から救う手助けをしてください!


Posted on Mon 07 Feb 2011 - 21:25:18 | LAN_PRINT_1
Recommend article:  facebook  delicious  digg  slashdot  stumble  technorati  yahoo tweet

ページに進んで下さい       >>  
探す
Syndicate our news:  RSS 1.0 Feed  RSS 2.0 Feed  RDF 1.0 Feed   
http://www.raelradio.net
xxxxxxxxxx
 All text is free of copyright and may be re-produced or broadcast in any form without notice providing the original source (raelianews.org) is clearly marked or stated. Videos are (c) International Raelian Movement 2005-2008 - All Rights Reserved.
Valid XHTML 1.1   Valid CSS!
Render time: 0.1553 sec, 0.0099 of that for queries.