LAN_PRINT_135まんじの本当の意味を伝えようとしたラエリアンが逮捕される
(LAN_PRINT_86 World)
LAN_PRINT_94 brigitte
Tue 29 Jun 2010 - 03:16:02

6月27日日曜日の世界卍復刻記念日に、クイーンズランドで、古代の神聖な卍シンボルの復刻を記念する平和的な祭典が催されていましたが、それはオーストラリア警察によって中断され、オーストラリア・ラエリアン・ムーブメントのリーダーが逮捕されました。

国際ラエリアン・ムーブメントは6月27日に世界中で卍記念日を祝っていました。それはラエルがラエリアンのシンボルの一部にもなっているこの神聖な古代のシンボルの復刻を呼びかけたのを受けたものです。オーストラリアでは、ゴールドコーストのメイン・ビーチで「愛、無限、平和」という文字が書かれた大きく白い卍の凧を揚げながら行進することになっていました。卍が仏教、ヒンズー教、その他世界の多くの文化で使われていたという崇高な歴史について説明されたプラカードが掲げられ、通行人の大きな関心を引いていました。

「私達の行進は、始まる前に阻止されました」と、オーストラリアのラエリアン・ムーブメントの指導者ジャレル・エモニエは言います。

大きな卍を揚げるためにヘリウム風船をつけていたとき、匿名の人からの苦情を受けた警察に準備を邪魔されました。警察はそれが人種差別なので人種差別禁止法に基づいて「抗議運動」を止めようとしていると主張しました。ジャレルはそれが抗議運動ではなく、人々に、ナチスに使用される前の卍の平和的使用について教育するための宗教的情報を掲げているのだと言ったにもかかわらず。



「苦情について警察が調査するのは歓迎しますが、私達が平和的に卍の宗教的意味を紹介していることを確認した後は、私達にそれを続けさせ、さらには私達を脅迫から守るべきです。それなのに、彼らは私達を守るどころか、私達の表現の自由を否定することを決定しました。これは明らかに権力の乱用であり、私は彼らに従うことを拒否しました」

警察は卍の凧とプラカードを片付けるように主張しました。関係者は身分証明書の提示を求められ、その場を立ち去るように警告され、卍のプラカードを掲げたら逮捕すると言われました。
「私は毎日首に下げている平和と尊重のシンボルを隠すように求められたとき、受け入れることができませんでした。」とジャレルは言います。このためにジャレルは正式に逮捕され「問題の」プラカードと共に警察に連行されました(写真)。

ジャレルは短時間留置所に入れられた後、罪を問われずに釈放されました。ジャレルは言います。「その日はクイーンズランドの宗教の自由と表現の自由にとって悲しむべき日でした」
警察は市民の自由を守るために存在するのであり、市民からそれを奪うために存在するのではありません。私達は自分達の自由を当然のことと思うべきではありません。私達があらゆる機会を使って私達の自由を断固として守っていかなければ、それは奪われてしまうでしょう」

ラエリアン・ムーブメントは、平和的な卍について人々に知らせることを今後も続け、近い将来そのイベントを再開する予定です」とジャレルは言います。「私は、他の惑星から来た科学者達である私達の創造者達から私達に与えられたシンボルを隠すことは決して受け入れません。私達は皆、この贈り物とそれに関係する教えを非常に尊重するべきです。

卍の意味についてさらに詳しいことは、以下のサイトに書かれています。www.proswastika.org


LAN_PRINT_303Raelianews
( http://ja.raelianews.org/news.php?extend.359 )


Render time: 0.0314 sec, 0.0031 of that for queries.