RaeliaNews.org
English |  Español |  Français |  Italiano |  Slovensky |  한국어 |  日本語
 

仕事用スーツが時代遅れに。素晴らしい傾向

 最近のイギリスの労働者の世論調査によると、服装規定は次第に時代遅れのものとなってきており、毎日スーツを着ている従業員は10人中1人、常にネクタイを着用する人はたった18%に過ぎないということです。ほとんどの西欧諸国で同じような傾向が見られています。

 ラエルはこのことを称賛して言いました。「これは長い間待ち望まれていた素晴らしい傾向です」

 ラエルのコメント:「ようやく、ありがたいことに、男性の服装の歴史上最も醜いものが消滅しつつあります。この廃止は、美しさのためだけに重要なのではなく、順応主義や保守主義の観点からも深い意味があります。ありがたいことに、順応主義も保守主義も同じく消滅しつつあります」

 ラエルはその服装を繰り返し批判されてきました。それは彼が自分でデザインしたもので、「いわゆる流行」に流されることなく、自分が着たいと思う服を着るように人々を後押しするためのものです。

「この最初の一歩は小さいものですが、男性のファッションに独創的で『奇抜な』形が戻ってくることを期待しましょう。そのような服装は、人類の歴史の大部分を占めていたのですから」とラエルは言います。

 また、ファッションと創造性は、違いが受け入れられるだけではなく奨励される、より平和的で寛容な社会を作り出す助けとなるとラエルは考えます。「違いを奨励する事が、人民をさらに管理しようとする中央集権国家によって押し付けられる、ひどい官僚的標準化を避ける唯一の道です」とラエルは説明します。「その官僚的標準化は学校の制服から始まりますが、制服は世界中で禁止されるべきものです。なぜならそれは子供たちの独自性と創造性を殺し、子供たちを均一化するものですから」


Posted on Tue 15 Feb 2011 - 02:59:19 | LAN_PRINT_1
Recommend article:  facebook  delicious  digg  slashdot  stumble  technorati  yahoo tweet

ページに進んで下さい       >>  
探す
Syndicate our news:  RSS 1.0 Feed  RSS 2.0 Feed  RDF 1.0 Feed   
http://www.raelradio.net
xxxxxxxxxx
 All text is free of copyright and may be re-produced or broadcast in any form without notice providing the original source (raelianews.org) is clearly marked or stated. Videos are (c) International Raelian Movement 2005-2008 - All Rights Reserved.
Valid XHTML 1.1   Valid CSS!
Render time: 0.1571 sec, 0.0115 of that for queries.